Untitled
ひとりで本を読む。ひとりで音楽を聴く。ひとりで街を歩く。実際にやってみると、全然さびしいことなんかじゃない。全然みじめなことなんかじゃない。学校の中にいると、そうした当然のこともわからなくなってしまう。ひとりでいることが、まるでとんでもない罪であるかののように感じられるようになってしまうのだ。子供は皆、それを恐れる。嫌いな人間と友達の振りをしたりしなきゃいけなくなる。嫌いな人間と友達でいるために、共通の敵をでっちあげなきゃならなくなったりもする。そういった処世術は大人の専売特許のような気がするけど、実は子供の方がそれをより強く要求されているのだ。
(via xomorickyxo)
桜が日本を北上する時間はだいたい毎時2~3キロメートルなんだそうな。つまりは幼子が普通に歩く速度ってことになる。日本の桜の訪れが小さい幼子の神さんによるものだとしたら、ずいぶん素敵な話だよね。
Twitter / @kamonemo (via anepan)
suzukisanami:

角川書店ヤングエース4月4日売の5月号より新連載します。 「燐寸少女」 マッチしょうじょ。
2012年のヤングエースに、 読み切りとして描いたものが連載になります。
このキャラは昔から書いていて、お気に入りの子です。
大元はこちら。 2007年 講談社 週刊モーニング増刊 MANDALA vol.1  に掲載したもの。漫画というか、絵本というか。
燐寸少女 (前)
http://tmblr.co/ZhxJsrybIJEs
 燐寸少女(後) http://tmblr.co/ZhxJsrybIasA
 再録本として収録した同人誌 「燐寸少女」もあります。 よろしければ。 
コミックZIN 
http://t.co/mlC5ppm4fO 
アリスブックス 
http://t.co/MRy1GXPN8G 
とら 
http://t.co/wrSa8acndL  
BOOTH 
https://t.co/VHk7jSJthl
連載きばりますのでよろしくお願いします。

suzukisanami:

角川書店ヤングエース4月4日売の5月号より新連載します。
「燐寸少女」
マッチしょうじょ。

2012年のヤングエースに、
読み切りとして描いたものが連載になります。

このキャラは昔から書いていて、お気に入りの子です。

大元はこちら。
2007年 講談社 週刊モーニング増刊 MANDALA vol.1 
に掲載したもの。漫画というか、絵本というか。

燐寸少女 (前)
http://tmblr.co/ZhxJsrybIJEs

燐寸少女(後) http://tmblr.co/ZhxJsrybIasA


再録本として収録した同人誌
「燐寸少女」もあります。
よろしければ。

コミックZIN

http://t.co/mlC5ppm4fO


アリスブックス

http://t.co/MRy1GXPN8G


とら

http://t.co/wrSa8acndL


BOOTH

https://t.co/VHk7jSJthl

連載きばりますのでよろしくお願いします。

kuro-ye:

合わせたつもりだったけどちょっと頭身高かった。

kuro-ye:

合わせたつもりだったけどちょっと頭身高かった。

miyama-h:

大樹

miyama-h:

大樹

igi:

Amazon.co.jp: DECORATOR EP (初回盤): 音楽

clinicallydepressedpug:

f-l-e-u-r-d-e-l-y-s:

Quirky miniature porcelain sculptures made by Ukranian artists  website Anya Stasenko and Slava Leontyev

Is the first one a bilby?

miyama-h:

【漫画「未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物」発売記念企画】
9日目当選リクエストイラストです。リクエストは「でっかい図書館の奥にこもって、たくさんの本に囲まれながら生活している丸メガネのミクさん」です。
→ https://twitter.com/comptiq/status/427063499852742657
————————————————————-
企画詳細→http://p.tl/tELj 
テーマ曲&試し読み→http://www.kadokawa.co.jp/sp/201312-02

miyama-h:

【漫画「未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物」発売記念企画】

9日目当選リクエストイラストです。リクエストは「でっかい図書館の奥にこもって、たくさんの本に囲まれながら生活している丸メガネのミクさん」です。

→ https://twitter.com/comptiq/status/427063499852742657

————————————————————-

企画詳細→

テーマ曲&試し読み→http://www.kadokawa.co.jp/sp/201312-02

 「帰ってきたばかりのころは、なるべく睡眠時間を削るようにしていました。何しろ30年欠落しているんですから。知識を詰め込まなくては追いつけない。でも知識はまだいい。少しずつでもカバー出来るから。一番の問題は、周りの人間が自然に覚えているものがないってこと。日本語は知っているが、日本のことを知らない外国人が日本に来たばかりのところを想像してください。僕は、いつもコインの表裏を見ましたから。数字のところを見ないと100円だか、10円だか、分からないんです。どんな子供でも大きさと色で分かっていることが、僕には分からない。30年が飛ぶというのは、そういうことなんです」
エルマーの冒険の名訳者、渡辺茂男さんの講演があり『実在しない生き物が、子供の心に椅子を作り、それらが去った後に実在する大切な人を座らせることができる。』という話を聞いて感動しました。